FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テレビのこれから

さきほどまでNHKで放送されている番組、日本の、これから「どうなってしまう?テレビの、これから」を試聴していました。
後一時間半ありますが番組変えろとの命が下り録画に切り替え。後で続き見ますが、とりあえず感想を。

内容は、テレビを見ていて疑問に感じたりしている事を視聴者と制作者がディベートするという内容。
視聴者からの突っ込んだ質問に制作者は答えにくそうにしているのが印象に残りました。
もちろん制作者も意見を言うべき所は言ってますが、視聴率に対しては意見が噛み合いません。
私は制作者が視聴率だけを見ているとは思いませんが、どうしても視聴者にしてみれば視聴率の方ばかり見ている様に感じてしまうんでしょうね。
これに対しては、別の指標を二つぐらい作った方がいいとの意見が出ていました。
これには私も賛成で、複数の指標が無ければどうしてもデータが偏ってしまうでしょう。
内容に対する評価は現行では取りづらいでしょうが、システム的にはデータ放送の利用でどうにかなるかもしれませんね。
現在視聴率を調べてるのはビデオリサーチ(でしたっけ?)なので、これ以外の第三者機関の設立か公共広告機構みたいな所に委託するかがベストだと考えます。
やはりこういった事を調べる機関は分けた方が公平になるでしょう。

それでは、前半でのポイントです。
・報道番組での裏付け調査
・視聴率に対する見解の相違
・切り抜かれた報道の外側
・ニーズの多様化
・広告費の推移(Web広告の市場拡大、ビデオによるCMカット)

思うところは沢山ありますが、長くなるのでこれまでとします。
皆様はテレビに対してどのような意見をお持ちでしょうか。よろしければご意見を頂きたいです。
スポンサーサイト

| 日記 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://magicalhouse.blog104.fc2.com/tb.php/116-3c031124

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。